TODAY
loading...

飛鳥寺(あすかでら)

蘇我馬子の発願により建てられた「日本最古」の本格的仏教寺院

日本最古の「飛鳥大仏」の微笑みは神秘的で魅了される

飛鳥寺は6世紀末~7世紀初めの飛鳥時代、蘇我馬子の発願により、日本初の本格的寺院として建立されました。
現在の約20倍もの広大な敷地の寺院で、塔を中心に東・西・北の3つの金堂を配し、外側には回廊が廻らされていたことから、当時の蘇我家がいかに勢力を持った豪族だったかが覗えます。
この建設には渡来した先進技術者が大きく関わり、日本で初めて瓦をつくり仏堂や塔の建設を行いました。

日本が国としてはじまり「律令国家」が成立した飛鳥時代、この飛鳥寺を中心に天皇が居を構え、国際交流が盛んになり学問や芸術、文化など多くのものが伝わりました。
また飛鳥寺は、法興寺・元興寺とも呼ばれ、平城遷都に伴い奈良の地に新たな元興寺が建立されてからは本元興寺と呼ばれていました。 しかし、鎌倉時代に伽藍の大半を焼失してしまい、現在の本堂は江戸時代に再建されたものとなります。

重要文化財の本尊(銅造釈迦如来坐像)は、「飛鳥大仏」の名で親しまれ、日本最古の仏像として知られています。
大火災を受け全身罹災し補修を受けながらも1400年もの時を超えて、現在も同じ場所に鎮座し続けています。
印象深い神秘的なお顔の飛鳥大仏の微笑みは、遠く古代ギリシャのアルカイックスマイルと呼ばれています。

基本情報

営業時間
<4月1日~9月30日> 9:00~17:30(受付は17:15まで)
<10月1日~3月31日> 9:00~17:00(受付は16:45まで)

住所
奈良県高市郡明日香村飛鳥682

電話番号
0744-54-2126

クローズ情報(定休日など)
4月7日~4月9日

駐車場
あり(有料:普通500円・中型2,000円・大型3,000円)

他のスポットを探す

プログラム名
飛鳥寺
(あすかでら)

駐車場
あり(有料:普通500円・中型2,000円・大型3,000円)

他の体験を探す

明日香村へお出かけをお考えいただいている皆さまへ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、明日香村内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。

最新情報は、各施設・イベントの最新情報は、各施設へお問い合わせいただくか公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

全国的にオミクロン株による新規陽性者数が急速に増加しています。
この状況を踏まえ、各施設においては、基本的な感染対策の徹底を行っているところです。

明日香村へのお出かけについては、お住いの都道府県から出されている要請を踏まえ慎重に判断いただくとともに
ご旅行をされる際は旅行前2週間は感染リスクの高い行動を控え、発熱・風邪症状がある、または10日以内に症状があった場合にはご旅行を控えるなど、厚生労働省や各自治体のガイドラインに沿った対応をお願いします。

明日香村へお出かけをお考えいただいている皆さまへ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について