TODAY
loading...

明日香村の街並み

明日香村の街並みがそのまま残るには理由があった

明日香村の街並み

明日香法により村まるごと大切に保存されています

明日香村は飛鳥時代に国の中心となり都がおかれ、中央集権律令国家が築かれたことから「日本のはじまりの地」と称されています。 そんな飛鳥時代の史跡・古墳・古社寺が飛鳥川流域に数多く残っています。 現在は、自然豊かな田園風景が広がり、のどかでステキな街並みが村内のあちこちで現存しています。

村全体がどこか懐かしく風情ある街並みとして残るのは、 日本人の心のふるさとである街の風景を保存しようという法律「古都保存法」が成立されたことがきっかけです。 歴史的遺産、文化的遺産の一つひとつではなく、自然的環境を含めたまるごとを「歴史的風土」として、 その風土や環境を開発の波から守るための法律です。 そして明日香村は全国でも例がない「村の全域が歴史的風土特別保存地区」に指定され、古都保存法の特例法として制定された「明日香法」により守られています。 明日香村の街並みの中でも、暮らしの中心に位置する岡地区「岡寺の参道」の街並は、 平安時代から西国三十三ヶ所第7番札所として信仰を集め、江戸時代には宿場町・門前町として大変賑わっていました。

明日香村を代表とする石舞台古墳をはじめ歴史や自然スポットが有名ですが、実は村内の各所に歴史的町並みが残されています。 飛鳥地区に残る街並みも心を奪われるほどのロマン溢れる風景が広がり、飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)から西側の甘樫丘に伸びる通り沿いには、とても趣きのある「いぶし銀の瓦屋根」の家屋が建ち並んでいます。

<古都保存法>
正式には「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」といい、昭和41年(1966年)1月に公布、施行されました。 現在、この法律が適用されている市町村は 全国に8市1町1村 。京都市、奈良市、鎌倉市、逗子市、大津市そして天理市、橿原市、桜井市、斑鳩町、明日香村です。明日香村は、昭和41年の古都保存法制定と同時に一部地域が指定され、昭和55年に村全域が歴史的風土特別保存地区(第1種歴史的風土保存地区、第2種歴史的保存地区)に指定されました。

<明日香法>
正式には「明日香村における歴史的風土の保存及び生活環境の整備等に関する特別措置法」といい、通称「明日香法」です。 「明日香村特別措置法」とも呼ばれています。
(いずれも明日香村公式サイトより引用)

基本情報

備考

<参考サイト>
明日香村オフィシャルサイトには、
「明日香法が生まれるまで」のことや「古都づくりと古都保存法」のことが詳しく掲載されています。

特に「明日香法以前の明日香」の内容は、当時の緊迫感や明日香を守ろうと動いた人々の熱いストーリーが記され、あの松下幸之助氏の名も登場するなど、明日香村を愛する人は必読の価値あり!
明日香村オフィシャルサイト:「明日香法以前の明日香」についてはこちら

他のスポットを探す

明日香村へお出かけをお考えいただいている皆さまへ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、明日香村内の観光施設等が一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。

最新情報は、各施設・イベントの最新情報は、各施設へお問い合わせいただくか公式サイト・SNSなどにてご確認ください。

全国的にオミクロン株による新規陽性者数が急速に増加しています。
この状況を踏まえ、各施設においては、基本的な感染対策の徹底を行っているところです。

明日香村へのお出かけについては、お住いの都道府県から出されている要請を踏まえ慎重に判断いただくとともに
ご旅行をされる際は旅行前2週間は感染リスクの高い行動を控え、発熱・風邪症状がある、または10日以内に症状があった場合にはご旅行を控えるなど、厚生労働省や各自治体のガイドラインに沿った対応をお願いします。

明日香村へお出かけをお考えいただいている皆さまへ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について